経血コントロールって何?

経血コントロールって何?
というあなたへ、軽くご説明しますね。

経血コントロールとは、生理の経血を膣奥、子宮にためておき、トイレで腹圧をかけ、自分のタイミングで出す方法のことです。
経血コントロールが出来れば

●ナプキンの交換回数が少なくてすむ
●生理が4日で終わるようになる
●妊娠しやしすい体になる
●ナプキンによるデリケートゾーンのトラブルから解放される

など、良いことばっかり!あげればきりがないくらいなのです。

ega

使い捨てナプキンは感覚がつかみにくい?

そんなステキな経血コントロール、出来たら良いですよね!

「無理!」

と思ったあなた。

使い捨てナプキンを使っていると、経血コントロールするのは難しいかもしれません。

なぜかというと
経血がいつ流れたのかわからない。
トイレに行ってみないとどれくらいの量が出たのかわからない。

そのような状態では、コントロールって言われても、やり方がわからないですよね。

kangae

そんなあなたに、経血コントロールができる近道のご紹介です。

布ナプキンを使うと、経血コントロールも出来るようになるんです。

布ナプキンが経血コントロールを可能にする理由

布ナプキンが経血コントロールをしやすくする理由は2つあります。
 
理由1. 経血が流れるのを肌で感じるから

布ナプキンは、使い捨てナプキンのような「閉じ込めて吸収」ではありません。
経血が流れた時に直接血液を感じます。
経血をコントロールしようと意識していると、出来なかった時に

「あっ、今流れてしまった!」

とわかるので、次に活かせるようになるんです。

そんなふうにしてだんだん感覚がつかめてきます。

yoroko

理由2. お気に入りの布ナプキンを大切に使いたいから

布ナプキンを使うことで、意識が違ってきます。
お気に入りの布ナプキン、大切に使いたいですよね。使い捨てナプキンと違って単価も高いし。

そんな布ナプキンへの潜在意識が
「布ナプキンを極力汚さないように」
という気持ちにさせるのですね。

nunonapu

 経血コントロールは自然なこと

私は、じつは初潮を迎えてしばらくの間は経血コントロールが自然にできていました。

もちろんナプキンはしっかり使っていましたが、トイレに行くとまとめて出すことが、自然とできていたのです。

当時は「経血コントロール」なんて言葉もないですし、存在もわからなかったので、どうしてなのか不思議でした。
toire

それが、年齢を追うごとに、いつの間にかできなくなっていたのです。
なぜ私が自然に経血コントロールができていたのか、考えてみたところ、二つ理由が思い当りました。

●当時のナプキンはナチュラルだった
私が中学生のころは、ナプキンは今ほど高機能ではありませんでした。もっと、綿っぽいナプキンでした。

●当時は学校のトイレも家のトイレも和式だった
経血コントロールは和式トイレだと腹圧がかかり、経血が出しやすくなります。

wasiki

和式トイレは使う機会もなくなりました。
ですが、ナプキンをナチュラルにすることはできます。

布ナプキンを使うことで可能になるんです。

それも布ナプキンは、私が昔使っていた綿っぽいナプキンよりずっとずっと高性能です。

あなたの生活の一部に布ナプキンを加えて、経血コントロールを目指してみましょう。
たまった経血がトイレでまとまって出ていくと
「やった!」
と心の中でガッツポーズですよ(笑)

go-sain

オーガニック布ナプキンの通販サイト【nunonaの布ナプキン】

★こちらもお読みください

経血コントロールのコツ

布ナプキンメーカーの選び方 あなたのタイプ別

布ナプデビューにおすすめのセット徹底比較!